国債はそれほど難しくない

国債のメリット・デメリット

国債を購入する大きなメリットは、国債を発行しているのが財務省ということ、つまり日本国政府が保証してくれるということです。一般的な金融機関が販売している預金や投資信託などの金融商品はその金融機関が経営難で破綻した場合、預けた分のお金や利子が戻ってこない場合があります。

しかし、国債の場合は日本が破綻しない限りそのようなことはありません。日本が破綻するということは、まず不況が続いてお金が市場に循環しないことで企業は儲からず不況が悪化、世界の信用を失って異常な円高・株価の大暴落などにより会社が相次いで倒産、円が安すぎて輸入ができず食料・燃料危機に陥る、国内の治安が悪化・・・という恐ろしい状況になることです。

世界経済からみると、国内の財政が赤字になってどうにもならず、海外からお金を呼び込まなければお金の需要を満たせない状況になることですが、日本は「国の借金」と言っている国債を日本国民が持っているので、日本全体から見ると黒字です。それにそこまで悪化する前に財政を回復する力を持っていますから、破綻する可能性は極めて低いのです。確実に資産を運用したいと言う人には適した商品です。ただ、デメリットもあります。

国債は需要に応じて国債の価格や金利が変化します。国債を欲しい人が増えれば価格は上がり金利が低くなる、要らない人が多い・国債を大量発行したとなれば価格が下がり買ってもらえるように金利は上がります。金利が良いときは、国債の価値が下がる可能性がある・もしくは価値が下がっている状態なので購入の際は気をつけましょう。国債自体の価値も満期時には購入時より高くなったり、安くなることがあります。そこで出た利益や利子に税金がかかるということも覚えておきましょう。