国債はそれほど難しくない

国債で資産運用

老後に必要なお金は約3000万円と言われていますが、生活に余裕がある暮らしを望むなら1億円は用意しておく必要があるという意見が出ています。税金の増税、物価の値上げ、年金の減額、医療費負担の増加・・・と暗いニュースばかりが飛び交っています。

将来の備えが大切だとわかっていても、給料が多くなる見込みは少ないのが現状で、子育てに・住宅ローンの返済に・日々の生活にと目先のことを済ませていくのに精一杯で、貯蓄に回すお金の余裕は無い!と嘆く人も少なくないでしょう。通帳を眺めながら、働かず勝手にお金が口座に振り込まれていたらいいのに、と考えたことはありませんか。

土地や不動産などを貸している人など一部の人はそう言った夢の話が現実に起こり得ますが、会社務めや自営業、学生や主婦と普通の生活をしている人にとっては有り得ない話です。楽してお金を得る方法は怪しい商売に関わっていたり、危険な目に合う可能性が高いので関わらない方が身のため、一生懸命働いてこそその見返りとしてお金を得ることができます。とはいえ、このままでは何も変わりません。

もう少し貯蓄を増やしたい、もっと有効的にお金を使いたいという人もいるでしょう。そういう方は資産運用に注目してみてはいかがでしょうか。近年は様々な資産運用商品が販売されています。ここでは、その資産運用商品の中でも関心が高まっている「国債(こくさい)」についてご紹介します。